愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです♪

自分の宇宙へ

みなさんごきげんよう

印象としてはここ数年、

そして特にこの2、3年くらいでしょうか。

風の強い日がやけに多くなりましたよね。

 

もう、年がら年中、

季節を問わず、

強い風が吹いているように思います。

 

この現象は、少なくとも、

私がこの世に来てからは

始めて経験することです。

 

個人的にですね、

強風が苦手です。

 

梅雨というのは、

雨がしとしとと降るものであるのに、

最近の梅雨はまるで台風のようではありませんか。

実際、甚大な被害を出しています。

 

七夕の日前後に、

多数の川が氾濫し、

お亡くなりになられた方も多く、

本当に心が痛みます。

 

この流れ、

不穏な気配を感じませんか。

 

このまま途切れることなく、

間もなく台風も発生してしまうのではないかしら。

 

最近の台風はただの台風ではなく、

巨大化していますから、

非常な脅威に感じます。

 

withコロナのみならず、

with水害、with地震

という複合災害の時代に即して、

 

ライフスタイルをシフトする必要が

あるのかもしれませんね。

 

ライフスタイルをシフトするということは、

まずマインドをシフトする必要があると

いうことになります。

 

それなりに平穏な時は、

個人の心情的な問題に、

良くも悪くも、

クローズアップする余裕があったと

言えるのかもしれません。

 

しかし、これからしばらくの時代は、

命の安全を確保するという、

根源的なことに気を配らなければ

ならないのだと思います。

 

大なり小なりいつの世もそうですが、

ここはまったく、

サバイバルな世界ですね。

 

命の安全確保のウエイトが高まる時代に

必要なことは、

今までとは真逆に向かうことが必要である、

というこであるとも思います。

 

例えば、

まずは身軽になること。

 

戦後75年は、

とにかく物を買いこんで、

物に溢れた時代でした。

 

しかしこれからは、

どれだけ物を所有しないで

生きていくか、

 

という方向へ、

必然的になっていくだろうと、

そう思わされます。

 

なぜなら、

所有物が多いと、

そこには執着が生まれます。

 

執着があると、

逃げ遅れに繋がるわけです。

 

華美で装飾的なエネルギーより、

ミニマルでシンプルなライフスタイルへ、

どうしたってそのようになっていくでしょう。

 

それはとりもなおさず、

内面を充実させることの

裏返しでもあります。

 

心を充実させればさせるほど、

物質的なものへの執着は、

減少していきます。

 

逆に言えば、

心の満たされないものを、

物質的なもので満たそうとしていたんですね。

今までは。

 

理由はどうあれ、

時代は、

目に見える表面的なメッキからの幻想から、

目に見えない心の充実へ、

向かっていると言わざるをえません。

 

形あるものは壊れる。

日本人は昔からそう言ってきました。

 

では、形無いものは壊れないのでしょうか?

 

答えは、壊れない、というより、

自由自在、と表した方が正しいように思います。

 

例えば、どんなに高価な物質であるダイヤモンドも、

燃えて灰になってしまいます。

 

対して、

その場で奏でた瞬間から消えていく音楽は、

永遠に心に残ります。

その癒しはいつでも引き出すことが可能になります。

 

また、思い出したくもない思い出は、

自分の心を強くしていくことで、

脅威でなくなります。

 

ちなみに、心を強くするというのは、

ハガネのようにするというよりは、

やわらかく、やわらかく、

していくということです。

 

心をやわらかくしなやかに強くするためには、

勉強も必要ですね。

 

つまり、

古い時代は、

大事なものは自分の外側に置いて

楽しんでいたのに対して、

 

これからは、

自分が宇宙そのものであることに気づいて、

身一つで楽しむ時代に、

なっていくということだと思います。

 

あれが無くなってしまったから不幸、

ではなく、

 

身一つでどうにでもなる、

そんな、人間力の本質が、

本当に問われる時代に、

いよいよなっていくのでしょう。

 

人間の人生に本当に必要なものは

何であるのか?

 

いつ、

どこで、

何をして、

どんなふうに、

生きるのか。

 

従来の古い価値観は、

ほとんどすべて、

リセットするくらいの心持ちで、

良いのではないかしら。

 

今まで素晴らしいのだと信じていたものが、

そうではなかったことに気づき、

 

絵空事と思っていたことが、

現実味を帯びてくる。

 

大きなシフトチェンジが

求められています。

 

次元の異なる世界に生きる。

そのくらいの覚悟を持っていれば、

きっと楽しみながら、

向こう側へ行くことが出来るでしょう。

 

f:id:mariaaoki:20200708110110j:plain