愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです♪

コミュニケーション能力を高める方法

みなさんごきげんよう

 

今日は、

コミュニケーション能力を高める方法

の一つについて、

少し書いてみたいと思います。

 

結論を先に言いますとね、

 

自分の元々の特性という横軸と、

コミュニケーションの目的という縦軸との、

二つの接点を探すことで、

 

その能力を上げる

具体策が導き出されるはずだ、

というお話です。

 

例えば、

 

自分の元々の特性というのは、

何も考えないでいる素の時に、

どんなスタンスをとっているか、

ということです。

 

つい必要以上に迎合してしまうタイプ

つい必要以上に否定してしまうタイプ

マウンティングしか頭にないタイプ

ただ仲良くしたいだけのタイプ

創造の場にしたいタイプ

etc...

 

生まれ持った性質と、

後天的な育った環境によって、

それらの傾向は作られていると思います。

 

まずは、このような、

そもそもの自分はどのようなタイプなのか、

の自覚がないと、

 

それだけで、

コミュニケーションに齟齬が生じる

可能性が高まります。

 

自分のタイプの自覚がないということは、

相手も自分と同じスタンスなはずだ、

という前提でコミュニケーションを

とってしまうからです。

 

ですので、

まず、自分がどのようなタイプかを、

冷静に思い返して考えてみてください。

 

 

そして。

 

コミュニケーションする時の目的を、

意識しているかどうか?

です。

 

もちろん、時と場合によって

異なることもあるでしょうが、

 

このことについても、

そんなことは考えたことのない人、

明確に目的意識を持っている人、

に分かれることと思います。

 

 

 

 

目的、つまり着地点のイメージを持っていないと、

思いもかけない方向へ

いってしまうリスクが高まります。

行き当たりばったりということなわけですから、

当然ですね。

 

もしくは、

相手のペースに巻き込まれてしまいます。

その相手が善意の人なら良いですが、

悪意の人なら実害が発生します。

 

 

もし、

必要以上に迎合してしまう人が自覚と目的意識を持たないまま、

必要以上に否定してしまう人が自覚無しに支配を目的としてしている人と

コミュニケーションをとったら

どうなるでしょうか?

 

答えは明らかですよね。

あっという間に支配されて、

逃れられなくなってしまうことでしょう。

 

ちなみに、結局、

自覚がない以上は、

どの組み合わせでも、

うまくはいかないことが

おわかりになると思います。

 

しかしです。

自覚を持つようになると

どう変化するでしょう。

 

必要以上に迎合してしまう自覚のある人が、

自分のテリトリーだけは守る、と決めていたら

どうなるでしょうか。

 

色々な手法があるでしょうが、

例えば、

「そうですね。」

と今までは言ってしまっていたところを

「そうなんですね。」

と置き換えることで、

瞬時に取り込んでしまうことを

防ぐことが出来そうです。

 

たった2文字増えただけですが、

そうですね、という

賛同したことを

自らに暗示をかけてしまう言葉から、

 

あなたはこうなんですね、

と、イエスでもノーでもない印象に

変換するカードを使う技術を

取得できるのです。

 

なにより、

自分が自覚と目的を明確にすることで、

相手の自覚具合と目的を察することが出来るようにもなる、

ことのメリットが大きいわけです。

 

まさに相手のポジションを観察する、

ということは、

コミュニケーションの第一歩であるとも言えます。

 

それにはまず自分のことを知りましょう、

ということであるとも言えます。

 

 

自分の元々の特性という横軸と、

コミュニケーションの目的という縦軸。

これを機に、じっくりと

考えてみてはいかがでしょうか!?

 

ちなみに私の場合は、

強度のHSP&エンパスでもあり、

サービス精神も旺盛であることから、

元々は非常に迎合しやすいタイプです。

 

コミュニケーションの目的は、

平和と喜びの創造、です。

 

けれども、

場合によっては、

断固抗議する時もありますよ。

 

平和=抗議しないこと

ではありませんからね。

 

☆彡 

 

自分はどうだろう?

どうしたら良いだろう?

自分の特性や対処法について

もっと追及してみたい、という方は、

 

コロナ対策期間中の

お得なオンラインセッションもありますので、

お気軽にご利用なさってみてくださいね!

 


f:id:mariaaoki:20200702101024j:plain



www.aokimaria.com