愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです♪

どんなときも真善美

みなさん ごきげんよう

 

今、それぞれの立場で、

それぞれの不安やストレスを

抱えてしまっているかもしれません。

 

以前にも書きましたが、

ウィルスの脅威は、

通常時に起こる諸々の人生の脅威と

基本的に変わりません。

 

人は、

一度にすべてのものを見るのは

困難なために、

 

目の前に現れた怖れだけに

フォーカスしやすいですが、

 

見えていないだけで、

はっきり言って、

怖れは他にもたくさんあります。

 

でも、

実際はほとんどが

起こらないことです。

 

 

怖れの対処方法は、

なるべく情報収集をして、

出来うる対処をしたら、

あとはゆるやかな放置に限ります。

 

まったく何もしないでいると、

怖れは増幅する一方ですから、

 

もう一度言いますが、

情報収集はしてやれることはやって、

その上でのゆるやかな放置がベターです。

 

見ないふりをして明るく振舞っても

無意味です。

また、こだわりすぎるのも

幸せを生み出しません。

 

やることをやってあとはゆだねる。

いつでも対処の方法は同じなのです。

 

そして、

その時の指標になるのが、

真善美です。

 

真善美の解釈は

様々あるかもしれませんが、

 

私の考える真善美は、

魂の本質を軸に置くというものです。

 

魂の本質とは何か?

ということは、

サロンでお伝えしています。

 

 

この世とあの世は

陰陽の関係にあります。

この世の寿命を終えたら

あの世に帰るだけです。

 

また、

陰の振れ幅は、

そのまま陽の振れ幅に代わります。

 

陰陽の玉を大きくしていくことが、

魂を高めていくということです。

 

だから、

見ないふりは無意味なのです。

ちゃんと理解することが大事です。

 

ちゃんと辛い体験をしたことを認め、

慈悲を深くしていくことが、

この世でするべきことです。

 

それが、

陰陽の玉を大きくしていくことです。

 

 

ウィルスの罹患率が増えて、

免疫を持つ人が増えたら

収束すると言われていますが、

 

同様に、

慈悲を深めることの出来た人が

増えたなら、

 

この世は、

今より確実に幸せな世界に

なることでしょう。

 

痛みを体験することで、

魂は成長します。

 

痛みは支えあうことで、

乗り越えていけます。

 

つまり、

この世にいて痛みを体験しないということは、

ありえないわけです。

 

幸せを求めて生きるということは、

辛い体験をしない

ということなのではなくて、

 

むしろ、

正面から辛さを受け止めることでこそ、

幸せに近づいていけるとも言えます。

 

ただ、

難しいかもしれませんが、

辛さを正面から受け止めることは、

怒りの感情を激しく増幅させることでは

ありません。

 

魂が幼いうちは、

怒りが大きくなってしまうことも

ありますが、

 

事実を受け止めることは、

感情を負の方向へもっていく

という意味ではありません。

 

むしろ逆なわけです。

 

辛い体験をしたなら、

それを慈悲に替えることが、

大切なことです。

 

 

今、慈悲を深めて、

支えあえる社会に、

向かっているということなのかもしれません。

 

 

必ず、寿命が来れば、

あの世に帰ります。

本来のホームへ帰るのです。

 

ここはホームステイ先で、

学びの場です。

 

そのことを肝に銘じて、

楽しみながら、

ゆるやかに、

ほがらかに、

 

目の前の輝きを見逃さず、

味わうようにしていきたいものですね!

 

f:id:mariaaoki:20200417121949j:plain

※ヒーリングサロン花氣光 

    8周年感謝キャンペーン実施中です。

www.aokimaria.com

 

☆彡

 

会えない時間を歌で繋げよう企画

動画の中で合唱会にするプロジェクトの締め切りは

4月20日(月)です。

①音声のみ参加

②歌入り動画参加

③音声は使わないで欲しいけど動画参加

のいずれかでご参加ください。

スマホ1台で聞きながら録音する方法もHPでご紹介しています。

奮ってご参加ください!

f:id:mariaaoki:20200417120026p:plain