愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです♪

思いがけない水の考察

 みなさん ごきげんよう(^-^)

 実は、今朝、アハ体験をしました。一人静かにちょっと感動しています。

 今のところ?スピリチュアルな話ですので、今日の私の氣づきは、常日頃から、見えないエネルギーを生きることに取り入れている人は、きっとおわかりいただけるのではないかと思いますが、人によっては何を言っているのかわからないことかもしれません。

 ちなみに、このことについて当然のことながら書かれてあるのを見たことがありません。あくまでも私が個人的にふと氣がついて腑に落ちたこと、です。ですから、同じように思うかどうかは自由です。

 どういうことかと言いますとね。

 

 チャネリングやリーディングの情報は、水が媒介している。

 のではないか!?ということなんです。

 私は朝風呂の習慣があって、大抵のインスピレーションは、お風呂に浸かっているときに得ています。それは、裸になって、リラックスして、外界の刺激もとりあえずは入ってこないから、得られるのだと思っていたんです。 

 が。今朝、氣がついてしまったわけです。そうではないと。お風呂に浸かっている時にインスピレーションを受けやすいのは、情報を媒介している水に浸かっているからなのではないか!?と、そう思ったんです。

 水がとにかく氣になってはいました。海の汚染に関してはいてもたってもいられないほどの精神的ダメージを感じています。水がピュアであることにことさらの思い入れがあります。水が穢れることの危機感は尋常ではないかもしれません。

 地球は、水の星。そして、この地球に水は一つしかないのだと思います。その一つの水が雲になったり雨つぶになったり山でろ過されたり川になったり海になったり人の体の中も通ったりして、分離しているように見えるけれども、基本的には空気中にも土の中にも地下にも水分は存在していて、全ての水はつながっているのだと思います。そして、水は、人間の体にも動物の体にもたくさんの水がストックされています。ということは、森羅万象のすべては水でつながっていると、言えそうな氣がします。この世が愛でつながっているなら、そしてすべては水でつながっているなら、つまり水は、愛が物質化したもの、とも言えそうな氣がします。野菜や果物にも水が含まれています。様々なことが頭を駆け巡りますね。

 日本は本来、水の豊かな国です。だから、日本人の感性も豊かなのではないかしら。あの人はウエッティだとかドライだとか言うけれど、まさに、ウエッティというのは、様々な情報を取り入れている状況をくしくも表していないでしょうか。ドライというのは、共感や思いやりのない、ある意味つながりが途切れた状況を表していると言えそうです。

 余談ですが、美しき緑の星という1980年代のフランスのコメディとされながら非常にスピリチュアルな映画では、そういえば、故郷の星にいる家族とテレパシーで連絡を取り合う時に、足を水に浸からせると通信できるという設定でした。思い出して、ああ!と今頃深く納得しました。ちなみに、あの映画に出てくる星から星に移動するテレポーテーションに使われる白い球体を、実は私は現実に目撃したこともあります。あの映画の中で主人公も演じていらっしゃる女性の監督は、実は何かを隠し知っているのかもしれませんね。

 羊水というのも、よく考えると不思議です。胎児は、羊水を通して、もしかしたら、あの世とこの世の両方にコネクトしているのかもしれませんね。神棚に水を供えるのも、よく考えてみると不思議なことですね。水晶だって、水が作ったものということだそうですよ。
※参考:宇宙に水晶はあるか?


 水は情報をストックしていて、電線のように媒介もしてくれる存在だとするならば、チャネリングするにしてもリーディングするにしても、いきなり宇宙につながる、というよりは、水につながる、水の周波数に共鳴する、ことが、言わばサードアイを開く鍵になるのかもしれません。

 今日のこのことは、龍神が教えてくれたような氣がします。

 とにかく、水には、想像以上の秘めたるパワーが、潜んでいそうですね!

 

 

※次回の練習は●11 月10日(日)16:00~18:00です♪
 お気軽に体験にいらしてみてください。