愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです♪

HSPの方はこれを読んで息抜きしてください

 HSPのみなさん ごきげんよう(^-^) 

 HSP(ハイセンシティブパーソン)とは、外界の刺激に非常に敏感な人のことを表す言葉です。1割程度(日本では2割らしいです)いるそうなんですね。かくいう私もバリバリほぼmaxのHSPです。1割といっても、その中でもまた濃淡がありますから、強度のHSPは、もう1パーセントとかの比率なのかもしれません。

 ちなみに、HSPって、その人の人間性の一端でしかありません。ですので、同じHSPだからといって、皆同じような性格をしているのかいうと、それはまったく別物なんですね。単に、とにかく、感受性において、超感受性といった感性をもってしまっているというだけです。

 とはいえ、ある程度、その性格に影響を及ぼすほど、その人の中で大きなウエイトを占めるものであることも確かなことかもしれません。年齢が若かったり、HSPを知らなかったりすると、その認識も出来ず、対処法もわからず、かなり苦しい日常を送っていることと思います。ええ、かつてそうでしたから、よくわかります。

 

 HSPでない人に、わかりやすくHSPを説明するならば、こんな感じになるでしょうか。

 周りに不特定多数の人がいる時は、常に、例えば森の中で狼たちに囲まれてしまって、中には鼻にしわを寄せて牙を露わにする狼、時々ジャブのようにガゥッと噛む真似をしてみる狼、唸っている狼たちがいて、そして場合によっては雨が降ってきて雷も鳴り始めた、という環境に24時間身をさらされているような感覚、といったところです。

 この場合の雨は人ごみだったり、雷は人のくしゃみだったり笑い声だったり、とにかく音という音だったり、唸っている狼は眉間にしわを寄せている人だったりだらしない風貌の人だったり、牙を見せた狼は子どもを怒る親だったり、噛む真似をする狼はぶつかってきても謝らなかったり逆にこちらを睨めつけたりするような人、だったりします。他に、全般的に音や匂いや見えるものも、おおよそそんなふうに脅威です。

 ええ、まぁ、逃げ出したくなって当たり前ですよ。

 頭では理解できていても、感覚的にはかなりのストレスです。まぁ、会社勤めなど無理中の無理ですよね。HSPの人は。割り切って、他に生きる道を探すしかありません。そして、HSPを理解できない親に育てられているHSPの子どもの苦痛も、パートナーに理解が無い場合の苦痛も、想像に難くありません。あぁ、普通は想像に難し、ですかね。

 ただ、始めにお伝えした通り、HSPだからといって、皆同じ性格をしているわけではありませんから、にわかにあの人がHSP?信じられない、ということもあるでしょう。又は、そうでないのにあの人HSPじゃない?と見えることもあるでしょう。

 それはたぶん、気が弱い=HSPととらえやすいからではないかと思います。それはまったく別物なんですね。陽気か陰気かということもまた別物です。人としての器量や、その他諸々も人それぞれ別物です。

 ですから、HSP同士だからといって、仲良くなれるというものでもないでしょう。HSPの孤独は、想像以上に深いのかもしれません。

 こうして書いていると、HSPって、、絶望的?に思えますが、これまたそうでもないんですよね。

 ええ、はっきり言います。私はこう考えています。HSPは人間の最新型進化系であると。AIには決して扱えないものを、HSPは持っているのではないでしょうか?

 HSPは、その感受性故に、美しい物を享受する感性も人一倍優れています。芸術的表現は、唯一の喜びと解放の場所であるかもしれません。また、人の気持ちが人一倍わかるため、カウンセリングやヒーラーとしてもその能力を発揮することが出来ます。つまり、人を救える能力の持ち主でもあるわけです。 

 

 ところで、HSPは、自分自身が他人のエネルギーを強く感じることがストレスとなりやすいために、他人には同じ思いをさせまいとして、かなり遠慮がちになる傾向にあります。が、あまりに脅威を感じると翻って攻撃的に転じることもあります。そんな自分を攻撃せずまず許してあげてください。自分を守ることは必要なことです。そこまで遠慮することはないのです。ただ、そのことを自分で理解しているかどうかは重要です。HSPは、ことさら、自分の守り方を知ることが、人生のクオリティを大きく左右することでしょう。

 また、自分に嘘をついていることも過大なストレスとなるために、正直であることも大切です。すべての場所で100%正直にいるということは周りが許さないでしょうけれど、少しずつ、自分の正直テリトリーを広げていくことも、おすすめです。

 この世に無駄なものなどありません。あなたのHSPとしての能力は、必ず誰かの役に立つものです。HSPHSPの能力を発揮するためには、まずは、マインドの勉強をして視野と器を広げ、自分のHSPを客観視できるスキルを身に着け、心を許して話せる人や場を持つことが必要だと思います。

 マイノリティ(レア)だからこそ誇りを持って、さらにピュア度を高めていってください。そして、砂漠のオアシスのような、山奥の湧水のような、癒しと浄化(と危機をいち早く察知して知らせる役目)の存在になろうじゃありませんか。それこそが、HSPにしか出来ないことなのですから!

f:id:mariaaoki:20190816145346j:plain

 

f:id:mariaaoki:20190813122923p:plain

f:id:mariaaoki:20190623103022j:plain