愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです♪

循環がバランス

 みなさん ごきげんよう(^-^)

 バランスが大事だと、よく言われます。そして、その通りだと思います。バランスは、まるでリニアモーターのように常に崩れることで、前に進んで行けるわけだけれど、そのバランスの崩れ方も、バランスのうちであって、バランスのうちでないバランスの崩れ方をすると、それは本線からの逸脱で、そのままではよくありません。お盆が傾き続けたら、その上に載っているおうどんは床に落ちてしまいます。

 つまり、いかに上手にバランスをずらし続けるか、ということが、大事なことだと思います。吸ったら吐く、吐いたら吸う。この世のすべては、この法則に則って回っています。

 何を入れて、何を出すのか。このバランスです。このバランスが崩れると、命を紡いでいくことが困難になります。入れて出すの循環。より良い呼吸は深呼吸です。浅く早い呼吸は、出産のときだけ。長続きはしません。深呼吸から次第に浅い呼吸へ。すべてを出し切った後に、また深呼吸。この緩急もまたバランスですね。

 また、例えば、ずっとほとんど停滞させていたエネルギー、つまり、お酒を飲むとどうなるかといえば、酔っぱらうわけです。停滞のエネルギーは、人を朦朧とさせるんですね。一日緊張して仕事した後にお酒を飲むのは、その緩急でバランスをとるためでしょう。

 ゼロから9にたどり着いたら、またゼロに。1も2も3も、すべて必要なプロセスで、想定内です。バランスが悪いのは、入れっぱなし、出しっぱなし、です。これでは循環しませんものね。成長は、螺旋状に循環させるのが鍵です。 

 動いたら休む、眠ったら起きる、与えたらもらう、話したら聞く、伸びたら縮む、死んだら生まれ変わる!この世そのものが、大きく呼吸をしています。それがこの世のルールです。

 何が言いたいかというとですね。取り込んで溜め込んだ感情は、どこでどうやって出してますか?ということなんです。

 喧嘩で?愚痴で?それは避けたいですよね。しかし、世の中、揉め事にして感情を出すやり方しか知らない人、多いのではないでしょうか。感情の呼吸の方法を、誰も教えてくれないんですよね。

 感情の表出でベストは、歌だと思います。直接的に自分の声と言葉で出すからです。思い切り歌うと、空っぽになります。そうすると何が起こるかというと、花の美しさや風の心地良さが、一際美しく感じられるようになるんですね。そしてまた、それを歌で表現するわけです。

 ただやみくもに運動などでエネルギーを消耗させればよいというものでなくて、入れた感情は感情で出すことが必要だということです。口から入れた食べ物を、どんなに運動したところで、排出することは出来ないのと同じです。入り口と出口の親和性というものが、あるわけですね。

 愛を受けたら愛を出す。いじめられたら、、歌えばいいんですね。ネガティブな感情は、そのまま人に返してはなりません。相手のみならず、自分も傷つくだけですから。けれども、音楽や歌にして表現することで、誰も傷つかずにそのエネルギーを放つことができます。

 だから、音楽のない国などないのでしょう。

 循環させる。入れて出す。出して入れる。感情の入れて出す。これがうまく回りだすと、ご機嫌な毎日を送れるようにになれますよ。

 

www.earthchorusproject.com