愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです♪

吉元由美さんの35周年記念パーティーへ

 10年くらい前に、コンサートでジュピターを歌いました。楽譜に書かれていた作詞 吉元由美という文字を1分くらい眺めていたことを覚えています。知らないはずの遠い世界の人なのに、どこかで会ったことのある人のようになぜか感じて、何かが引っかかったお名前なのでした。こんなスピリット溢れる歌詞を書く人は一体どんな人なのだろう、そんなふうにも感じていました。

 その、吉元 由美 (Yumi Yoshimoto)さんの、出版記念&35周年記念パーティーに昨晩参加してまいりました。人生は、本当にミラクル。何がどうなって、由美さんのあんな素敵なパーティーの場にいられることになったというのでしょう。その答えを、由美さんが仰ってくださったように思います。「枠を外してやりたいことをしていきましょう!」というメッセージが、あの会場にいた全ての人の心に残ったと思います。35年を、作詞家として最前線で感動を与え続けてきた由美さんの今回のご著書、「エレガントな終活」〜新しいルールとスタイルを見つけるために、今日からできる33のこと。〜にも、言葉を紡ぐことで見出していらした生き方の集大成の知恵が、由美さんらしいお言葉で丁寧に書かれていますが、枠を外すとは、それらの最大公約数となるのかもしれません。このパーティーに参加出来たことは、枠を外してきた結果であると、確かに納得出来ます。これからも、枠をバンバン壊して、突き進んで行きたいです。先を行く素敵な先輩の女性達がたくさんいらっしゃるので、希望を持って前に進めます。
 久しぶりに会えたあやちゃんにも、私の今度のコンサート(未定ですが)のヒントを沢山いただきました。やまとかたりを一緒に学び、イベントの時にMMGで歌わせていただいた宮崎ますみさんにも再会出来たり、これまたパーティーではよくお見かけするブリキのオモチャと言えばの北原照久氏や、そして杏里さんも!いらしてました。
 話が戻りますが、由美さんの、子どもの頃の体験のせいで封印していた、歌うということを取り戻したエピソードは、印象深いお話です。お一人での歌もご披露くださって、以前仰っていた、還暦でリサイタルを開くということの実現に期待が膨らみました!
 歌は唯一、言葉をダイレクトに伝えられる音楽。言葉と音の親和性は、神話性であるようにも思えます。
 最後になりましたが、由美さん、本当に35周年おめでとうございます㊗️🎉🍾🎊💗

 

f:id:mariaaoki:20190705105020j:plain

f:id:mariaaoki:20190705105042j:plain

f:id:mariaaoki:20190705105104j:plain