愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです。

天秤が傾いたということ

 みなさんごきげんよう!

 人は皆、いつも何かしら悩んでいます。そしてその悩みを集約すれば、何を軸に生きていくか?というところに行きつくように思います。その愛を信じていいのか?この仕事を続けたものかどうか?この家族のままで良いのか?つまり、この生き方で良いのか?と悩んでいるんですね。

 しかし、この生き方で良いのか?と悩むということは、それを判断する軸そのものを悩んでいるということになります。収入重視で生きるのか、やりたいこと優先で生きるのか?は、典型的な例かもしれませんね。これを軸に生きる、ということが決まっているなら、そんなに悩まずに済むんですよね。いずれにしても、今選択していることは、良い悪いではなくて、それが何よりも一番勝った感覚だということを示していると思います。

 こうと決めたつもりでも、雑草のようにたくましい煩悩がすぐに顔を出して、惑わされてしまうものです。それでも、常に自分の軸をどれにするのかについて、考え続けることには意味があると思います。それがしょっちゅう変わったとしても、そうすることそのものが、中心に近づいていける道です。振り子のように両極に振れるからこそ、中心がどこであるのかを理解できるようになるのだと思います。釈迦もそうでしたね。

 私ですか?私は、魂を汚す生き方をしない、と決めています。それが軸です。魂の汚れセンサーが非常に高感度ですぐにベルが鳴るので、そのベルが鳴らないように生きたいのです。

 皆さんの、現在地の軸は何ですか?どちらの方向に向かっていますか?

 

f:id:mariaaoki:20181003094938j:plain