愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです。

平和デー、、、

 

 みなさんごきげんよう(^-^)

 力学にも、中心点というものがあります。例えば、家だったら、家の平面図の型紙を厚紙にでも切り抜いて、棒の上に置いてみて、バランスを取れるところが、中心点です(そうですね、皿回しみたい)。中心点は、変化しません。中心は中心でしかありえないわけです。

 つまり、人生においても、自分の今いるところが自分の中心とは限らないということです。中心にたどり着くために、こちらに棒を置いてみたり、あちらに棒を置いてみたり。寄ってみたり離れてみたり。誰もが遠回りをしています。

 スピリチュアル的な中心は、空。くう、です。空は一つしかないから、エゴは存在出来ない場所です。エゴは、二つ以上の存在の優劣を競う価値観ですからね。そして、中心点からとても離れています。中心から離れすぎている場所は、ここが中心なのではないかと、勘違いしやすい場所でもあります。エゴを中心として周ってしまうと、なかなかその流れから脱出することは難しくなってしまいます。遠心力が振り切れて、ようやく切り離される、といったところでしょうか。エゴの回転は、台風のようなもの。台風から離れていればいるほど、安全であることには違いありません。台風の勢力は、熱によって高まり、冷えによって弱まります。みんなが参加しなければ、回転していられなくなるわけですね、本当は。

 今朝、ちょっと衝撃的な動画を目にしてしまいました。Twitterにとある人が載せたもののようです。大阪で、一人の男性が、コンビニのお店の中を大破壊しているところの映像です。何があったのかはわかりません。どんな人なのかもわかりません。まるで、まさに、猛烈な台風が通った後のようにお店の中がぐちゃぐちゃです。信じがたい酷い行為であることは確かなことですが、世間のエネルギーが凝縮されたものを見ているようにも感じました。あの怒りは、大なり小なり、誰もが内在しているものなのだと思います。そうでなければ、ああいうことは起きません。何かが起こるということは、そういうエネルギーが存在しているということです。一人だけで、あそこまでエネルギーを増幅できるわけがありません。それにしても、あのエネルギーが、人に向かわなくて本当によかったと思います。

 今日は国連が定めた平和デーだそうですね。今日だけは停戦しようということのようですが、一日だけ停戦て・・・なんともむなしいですね。国連も、戦争に勝った国だけが常任理事国である団体ですしね、そもそも。なんかな~、と思っちゃうんですけどね。

 この世の人間のエゴは醜くてやりきれなさを感じたりもしますが、そして、いきなり急にエネルギーは変わらないのだけれども、一人ずつ、少しずつ、変化していけば良いんですね。誰もが、大河の一滴。始まりは、たった一滴です。自分の心だけは、常に愛を見失わないようにしていきましょうね。

 心に空いた穴は、愛で埋めればいいんです。愛を埋められる穴があいたことは、喜ばしいこと。人は隙間を恐れる傾向があるけれど、隙間は空に近づいている証拠です。やっきになって、隙間を埋めようとせず、ただ愛を感じることに、注力してほしいと思います。

 はい、愛を感じることができない、よくわからない、何も感じられない、という方も多いかもしれません。そうだとしたなら、幸せな証拠です。何も失ってないから、見えていないだけです。足りないと思うときは、足りているとき。足りていると思う時は、何かに気がづいた時。いずれにしても、感性を高めることで、愛は拡大していきますから、感性だけは磨いていくようにしたいですね。

 どうやったら感性を磨くことが出来るか?それは私は歌が一番だと思っています。歌うことで、自分が、花になってみたり、星になってみたり、できるからです。何かを感じるには、自分がそれになってみるというのが基本です。そうしたら、他人の気持ちも理解できるようになるんです。そうしたら、傷つけることなど、出来なくなるんです。

 お互いを心で思いやること。それが、平和への道と思います。

f:id:mariaaoki:20180921095558j:plain