愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです。

見渡してみる

 みなさんごきげんよう(^-^) このはてなブログ、行間がちょっと広いな~と思うのですよね。もう少し狭くてもいいな~と。でも、変えられないんです。いや、もしかしたら変えられるのかもしれないけれど、今のところ、まだまだ網羅出来ていませんし、すべて網羅しなくても良いかとも思っています。

 それで、今日はご覧のように書いてみることにしました。スマホでインターネットを利用している人が多くを占める今は、結局、文字はこうして連なってあったほうが、読みやすいのではないかと、考えたからです。

 段落を作る。段落の最初は一文字下げる。結局、日本にかねてより伝わる伝統通りに戻ったわけで、ほっとする必要はないけれど、ほっとしている私がいます。

 さて。いつの時代も変わり続けているけれど、変えたいけど変わらないもの、変えたくないのに変わってしまうもの、変えたくなくて変わらないもの、変えたくて変わるもの、様々な中で、2050年には90億人にまで地球の人口が膨れ上がってしまうことがわかっている今、未来にどういうビジョンを持つのか、ということについて、個人のそれもさることながら、個々が全体のビジョンも考えた方が良い時代にあると感じています。

 自分のことで精一杯で全体のことなど考える余裕はない、と感じる人もいるかもしれませんが、実は全体を見ていたほうが、自分の道も見えやすい、ということもあります。1929年の世界大恐慌の直前に、後の大統領のケネディの、株で儲けていた父親が、街角の靴磨きの少年の、今はここの株がおすすめだ、と話しているのを聞いて、こんな少年がこんな株の話をするようじゃと(売りたい人が増えすぎていると)大暴落を予見し、その日のうちに持ち株をすべて売り払い、暴落の影響を受けなかった、というエピソードは有名ですが、いわゆる、風が吹くと桶屋が儲かる、的な、最初の端子を感じ取れるか取れないかは、全体を視野に入れていなければ見えてこないことです。

 私は経済はまったく専門外だけれども、環境には敏感です。今、手を打っておかないと取り返しのつかなくなることが、押し寄せてきているのを感じます。けれども、これは、ひとり一人が意識することで、回避できることだとも考えています。

 今どき、お米まで新米に見せかけるためにプラスチックコーティングされているものがあるのだとか。にわかに信じがたいことですが、このことを知る前に、一度だけ、状況的に仕方なく入ったお店で出てきたお米を見たとたんに、これはプラスチックではないのか?と思ったことがあったので、つまり、見たことがあるので、やはりあれはそうであったのだな、と腑に落ちているというのが本当のところです。しかしおそらく、一般的には、気が付かないものなのでしょう。元々、添加物系に敏感ですが、お肉も魚も卵も食べられなくなったのには理由がある、と思っています。命を物のように扱うことに抵抗がある(抵抗の無い人がいることがあまりに理解できないけれど)ということもさることながら、毒性のある添加物や農薬まみれの食品が、いつのまにこんなに増えてしまったのかと、片目をつぶるどころか、見て見ぬふりをしていないと、本当に食べるものなどないね、という時代になって久しいわけで、添加物の基準がゆるい日本の男性の精子が激減していることも、無関係ではないと思うのですよね。けれども、目に見えるエビデンスしか信じられないほとんどの人たちや、エビデンスという根拠がなければ施策に移せない公の様々は、それらについて何も言わないわけです。そうしたら、個々で防御するしかありません。

 一番信用出来そうな省庁等では、その立場だからこそ出来ないことはたくさんあるわけで、国会に至ってはもう無茶苦茶だと感じることも日常茶飯事になってきている昨今、靴磨きの少年が株を勧めるというところに値する、いえ、もっと前の段階のところで、危険を察知して、どうしたらその危険を危険でなくすることが出来るかを考えることは、むしろ一般人にしか出来ないことのようにも思えるのです。

 自分はその頃はもう生きていないから関係ない、ではなく、もしかしたらまたこの世界に生まれ変わってくるかもしれないのだし、この地球が住みよい幸せな星に進化していくために、何がどうなったら良いのか、自分には何が出来るか、そんなことを、暑い夏に考えてみるのも、悪くない、のではないかな!

 また、台風がイレギュラーな方向から向かってきていますね。これらの異常気象ももうすでに異常でなくて日常になりつつあるのかもしれません。これは、私たち人間のせいであることは、間違いがないと思います。エビデンスが判明してからでは遅い。だって、結果は出てしまっているのだから。

 私腹を肥やすことが良いことという価値基準の資本主義をどうするかはともかくとしても、みんなで共有している一つしかない地球環境がこれ以上悪化したら、ただ生きることさえ困難になってしまいます。

 90億人の家族が、幸せにあるために。そのことを誰も考えないとしたら、幸せになるわけがありません。ひとり一人が、お互いの幸せを願いながら生きることで、変わっていくのだと信じています。

 昨日は広島に原爆が落とされた日でした。9日は長崎、そして、15日、終戦の日。先人の痛みを無駄にするほど馬鹿げたこともありません。この世もスピリチュアルな世界。見て見ぬふりをしてもあるものはあるというスピリチュアルなルールの世界です。与えられたルールの世界の中で、愛を最大限に使って生きることが魂を磨くことになる世界です。愛を使うことを、あきらめてはなりません。忍耐強く、ほがらかに、愛のパワーを大きくしてゆきましょう。

f:id:mariaaoki:20180807103120j:plain

昨年!?もう3年くらい前のことのよう。こんな穏やかな日々が、永遠に続きますように。

 

※本日8月7日、13時から田端で合唱の練習があります。体験ウエルカムです!

こちらからお申込ください♪