愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです。

日本の8月がやってくる

8月がやってきますね。

考えてみると、あと数年で、

100年前は昭和時代になることにびっくりします。

原子力発電の存在する意味は、

防衛でもあるのだろうと想像するけれど、

諸刃の剣というより、

その存在そのものが恐ろしすぎて、

それを使わないでどう生きていけるか、

に想像力を働かせた方が、

安心して暮らせる、と感じるのが、

一個人としての素直な感想です。


戦争をするよりも、

平和を構築する方が、

勇気のいることなのかもしれないことに

気持ちが萎えそうになるときもあるけれど、

やはり、唯一、

市井の人たちが生活しているそのど真ん中に、

原子爆弾を落とされたことのある被爆国として、

平和に向けて出来ることが、

たくさんあると、そう思っています。

 

hibakusha-appeal.net


http://hibakusha-appeal.net/index.html