愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです♪

432Hzと太陽の周波数を聴き比べ

 みなさん ごきげんよう

 スタンフォード大学が、太陽の周波数を可聴出来るようにしたものがあります。

ちょうどわかりやすい432Hz=Aのギターのチューニングyoutubeを見つけましたので、

こちらを聞いてあちらを聞いて、と試してみてください。

太陽の周波数が、432Hzであることがおわかりになると思います。

 

注意:太陽の音量は小さいです。太陽に合わせたら、youtubeを聞くときには、音量を下げてから聞いてくださいませ。

 

●太陽の音と

http://solar-center.stanford.edu/singing/SOUNDS/SOUNDS2/three_modes_f1.mp3

http://solar-center.stanford.edu/singing/#sing)


●432Hz


https://youtu.be/cQF9hQ7Bk9E?t=67

 

複数の音が聞こえると思いますので、こちらも。
432Hz=Aの時のレにあたる音です。


https://youtu.be/cQF9hQ7Bk9E?t=51

 

 

◆念のため、440Hz=Aも載せておきますね。比べると違いがわかりやすいと思います。



 

なんのことを書いたものなのか、よくわからない方へ。

 実は、ドレミのラの音の周波数のピッチが、現代は世界標準値が440Hzとされています。が、自然界の周波数は、432Hz(ソルフェジオ周波数)であるとされていて、432Hzの方が健康や心に良いとされているという説があるのです。

 しかし、実際に太陽の周波数を聞いた人は少ないのではないのかと思います。

 実際、と言っても太陽の音が聞こえるわけはなく、周波数をスタンフォード大学が聞こえるようにしてくださったものではありますが、太陽の周波数であることに変わりはありません。

 たまたま私も見つけて初めて聞きましたが、ちょっと感動しています。やはりこうして誰の耳にも聞こえる客観的なものがあると、伝えやすいことは確かですよね。

 他に、風のそよぎや、水の湧き出る音なども、432Hz=Aピッチであるのでしょう。

 本当に心地良いもの、を感じる感性を養っていれば、数値で見なくても、感じることは出来ると思います。自然の中にいると気持ちが良いことが、なによりも真実を物語っていると思います。感じることが、先であると思います。

 自然の周波数の力は、あなどれません。そして、そのパワーは、私たちも持っているはずなのです。

 何に共鳴をするか。それが、大切なことと思います。

 いつの日か、全ての音楽が、432Hz=Aピッチで奏でられる日がきますように。

 

f:id:mariaaoki:20200129183955j:plain