愛と平和への道

魂の輝きを目指すブログです♪

息が先、響きが後。

 みなさん ごきげんよう♪ 

 あのですね、先日、雲龍さんの笛を聴いていて思ったのですけれど、多くの管楽器では、響きと、しゃーという空気の抜ける音が、同時に鳴るのですよね。尺八だと、イメージがつきやすいでしょうか。

 これって実は、人間も同じなんですね。人間も云わば管楽器です。空気を送り込むことで、声が出ているわけです。しかし、人間の場合は、空気の抜ける音が聞こえにくいんですね。意図的にそういう声を出さない限りは。

 そして、空気を送り込むというところについては、通常は特に意識しなくても出来てしまうことなので、そこにフォーカスが行かず、響きばかりに目が(耳が)いってしまうわけです。

 そうすると、その響きばかりを追求してしまうために、空気を送り込むことを無視した、不自然な体の使い方をすることになって、喉を傷めることになります。

 鳴る声(歌声)というのは、空気(息)を送り出して初めて、成立します。笛や管楽器を鳴らそうとするのと同じように、意識して空気を送って初めて、声を作ることが出来るのです。

 歌うときは、響かせようと思うのではなく、息を送り出すのを安定させることが、重要なことです。歌声を作るということは、息を安定して出し続けられるようにすることが第一義です。安定して息を出し続けることが出来れば、あとは声帯が機能しているなら、結果的に歌声が出て来ます。音楽性は、そのあとの話です。

 あくまでも、息を出す。先に息を出す。そこに音を乗せる、のが筋です。

 光・風・熱・水、これらすべての呼吸と同調させて歌うことの気持ちよさに到達するために、まず、息を意識して出すことを心掛けてみてください♫

※動画撮影会、とても楽しいですよ♫

f:id:mariaaoki:20200123094006p:plain

 

★アースコーラスプロジェクト合唱団員を募集しています!
 お気軽にご体験にいらしてください♫  次回は3月9日です!

f:id:mariaaoki:20200203174329j:plain 

☆彡 

 

●2月11日開催です。お席まだ少しご用意出来ます。

どうぞご自身の体の重要なことについて知ってくださいね。

もちろん、イソジンとアルコール消毒液をご用意してお待ちしています。

f:id:mariaaoki:20200107165858p:plain